【フェルナンドトーレスのスペイン語】引退発表、2019年6月

【フェルナンドトーレスのスペイン語】引退発表、2019年6月

【フェルナンドトーレスのスペイン語】引退発表、2019年6月

 

フェルナンドトーレスのインスタグラムにアップされた引退発表のビデオです。サガン鳥栖でのプレーは1年だけとなってしまいましたが、本当に日本に来てくれてよかったです。これからもきっと日本のサッカー、Jリーグの発展に協力してくれると思います。



Hola todos, estoy haciendo este video porque tengo algo muy importante que anunciarlos. Después de dieciocho años apasionantes ha llegado el momento.

Ha llegado el momento de poner punto final de mi carrera. Próximo domingo, día veintitrés, a las diez de la mañana hora local en Japón, ofreceré una rueda de prensa en Tokyo donde daré a conocer todos los detalles y contestará a vuestras preguntas. Nos vemos ahí.

<訳>

みなさん、こんにちは。とても大事なお知らせがあるのでビデオを作りました。最高にエキサイティングな18年間が経ってついにこの時がやって来た。

 

私はキャリアの終わりを迎えました。今度の日曜日23日、日本時間の朝10時に東京で記者会見を開いて、みなさんの質問に答えようと思っている。そこで会いましょう。

 

<単語>

importante(形)重要な、重大な

anunciar(動)知らせる、通知する

apasionante(形)熱中させる

momento(名)①一瞬、短時間 ②時機、機会

llegar(動)① [+a に]着く、到着する ②到来する、到達する

poner (動)① [+en に]置く ② [+a に]つける

punto(名)①点 ②時点、瞬間

final(形)最後の

carrera(名)①キャリア ②競争、レース

próximo (形)次の

domingo(名)日曜日

ofrecer(動) [+a に]提供する

rueda de prensa(定)記者会見

conocer(動)知っている

detalle(名)①詳細 ②心づかい、思いやり

contestar(動)答える、返答する

 



<文法>

・estoy haciendo este video:動詞 + 現在分詞、○○をしている。なので、私はこのビデオを制作している(撮っている)という意味です。ビデオの字幕では「ビデオを作りました。」と訳されていました。活用するのは前の動詞の部分だけなので、彼はだとestá haciendo、私たちはだとestamos haciendoとなります。

・Ha llegado el momento de poner punto final de mi carrera. :現在完了形、haber動詞 + 過去分詞、日本語訳では「○○した。」となるが、発話の時点でその行為が現在に影響がある、関連があるかどうかが過去形との違い。直訳的には、「私のキャリアの終止符をつけるときがやってきた。」ということで、その時はやってきたんだけども、発話の時点で過去の出来事として切り離していないので、現在完了形となっている。でもこの辺の使い分けは地域差があり、スペインと中南米、またスペイン国内でも使い分けに差異があるそうです。例えば、スペインでは今を含む時を表す副詞hoy、esta semana、este mes、este añoを伴うときは現在完了だそうですが、中南米ではHe almorzado hoy. でも Almorcé hoy. 両方とも「昼ごはんを食べた。」という意味。発話の時点でまだお腹が一杯だったら前者を使うだろうし、別にお腹が一杯じゃなくても、前後の文脈や話者が状態など昼ごはんに何か影響や関連があれば、現在完了を使うというところだと思います。場面によってはどちらを使ってもよくて、話者次第となるでしょうか。

 

なんか説明が長くなっちゃいました。

フェルナンドトーレスは引退発表後の試合で2得点でしたね。最後のヴィッセル神戸戦は今から楽しみです。日本に来てからのインタビュー動画がいくつかあるので、少しずつアップしていきたいと思います。



スペイン語 フェルナンドトーレスカテゴリの最新記事